ドル円トレード分析

【ドル円】2020年4月16日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

2020年4月16日

https://sumahotousi.com

前日の値動き4月15日は、欧州からNYにかけて動きが出た。

 

前日の高値を107.767を上抜けてショートの短期ストップを誘発し、4月上旬の安値からの反発上昇となった。

 

その後NYダウの下落共に、107.200台まで押されたが欧州の安値を下回れずにクローズ。

 

本日は、4月上旬につけた安値を再度下回れるかに注目しながら、上値の目途107.80アタックするかを見極めたい。

 

テクニカル分析

107.800を上抜けるかどうか、107.200をしっかり割り込み、4月の安値106.917を割り込む流れが出るか?というところ。

ファンダメンタルズ分析

本日のポイント

  • NYダウが445.41ドル下落、2,783.18ドル・S&P500は62.70下落、2,846.06で引けている。
  • 米経済の萎縮状態と地区連銀経済での報告
  • 原油価格が2002年以来の1バレル=20ドル割れ

この辺の事を頭に入れてトレードを組み立てていきます。

本日の戦略

前日は、値幅は96pips程のボラティリティ、本日のアベレージは96pipsと想定。

4月上旬の安値付近を下ブレイク挑戦あるか?

通常のボラに近づきつつあるので、取引枚数と時間を調整し、資産の大幅な増減が出ないようにする。

取引結果

東京市場オープン前に決済

通貨:USDJPY

ポジション:ロング

NYの高値戻しの38.2~61.8、トレンドライン付近にて決済。

朝一の動きに乗れたのでこれで手仕舞いとする。

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5