ドル円トレード分析

【ドル円】ピボット:2020年7月8日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

前日7日(火)は、東京時間から円安方向へ進み、107.60まで。

 

欧州時間に入り更に値を切り上げ前日高値を超え107.79まで。

 

NY時間に入ると円高方向へ切り返し、107.50付近まで押され日足は陽線コマとなる。

 

各主要通貨2020年7月8日のピボット(PIVOT)

【ドル円】2020年7月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3108.34
レジスタンスR2108.06
レジスタンスR1107.80
PIVOT107.52
サポートS1107.26
サポートS2106.98
サポートS3106.72

ドル円15分足のチャート

 

【ユーロ円】2020年7月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3122.11
レジスタンスR2121.92
レジスタンスR1121.57
PIVOT121.38
サポートS1121.03
サポートS2120.84
サポートS3120.49

【ポンド円】2020年7月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3136.84
レジスタンスR2136.13
レジスタンスR1135.50
PIVOT134.78
サポートS1134.16
サポートS2133.44
サポートS3132.82

【豪ドル円】2020年7月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR375.49
レジスタンスR275.28
レジスタンスR174.98
PIVOT74.77
サポートS174.48
サポートS274.27
サポートS373.98

【ユーロドル】2020年7月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR31.1392
レジスタンスR21.1363
レジスタンスR11.1318
PIVOT1.1289
サポートS11.1244
サポートS21.1215
サポートS31.1170

テクニカル分析

前日高値を上抜けるが、7月高値からの戻り売りに押され107.50付近でもみ合い。

 

107.80付近と107.30付近でレンジを作っている状態。

 

下値抵抗は106.80付近、上値抵抗は107.80付近。

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 7日のNYダウは-396.85ドル:25,890.18ドル・S&P500は-34.40:3,145.32
  • 金先物相場1オンス1,809.90の高値。
  • 米トランプ政権WHO2021年7月6日に脱退表明。

 

シカゴIMMポジション推移

円/米ドル

対象日06/29(火)
日本円売り-23,032
日本円買い+50,490
日本円差引+27,458
前回比増減+5,348

 

引用:JFX株式会社

主な経済指標

<国内>
08:50 国際収支(経常収支)(5月) 1兆882億円 2627億円
08:50 BOP経常収支調整(5月) 7201億円 2524億円
08:50 貸出動向銀行計(6月) 5.1%
08:50 銀行貸出動向(含信金前年比)(6月)  4.8%
10:10 国債買い入れオペ(残存1-3年、残存3-5年)(日本銀行)
13:30 倒産件数(6月)  -54.82%
14:00 景気ウォッチャー調査 現状判断(6月) 25.1 15.5
14:00 景気ウォッチャー調査 先行き判断(6月) 40.0 36.5

<海外>
14:45 スイス・失業率(6月) 3.7% 3.4%
20:00 ブ・FGV消費者物価指数(IPC-S)(7月7日まで1カ月) 0.36%
20:00 ブ・FGVインフレ率(IGP-DI)(6月) 1.48% 1.07%
21:00 ブ・小売売上高(5月) -16.8%
28:00 米・消費者信用残高(5月) -150.00億ドル -687.79億ドル

DMMFXの経済指標

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで経済指標アラートをLINEで受け取るのは、「LINE FX」が便利!

 

詳しくは「【LINE FX】の評判は悪い?|デメリット・メリットを徹底紹介!」の記事でまとめています。

 

本日の売買シナリオ

先週末の値幅は52pips程のボラティリティ、本日のアベレージは55pipsと想定。

 

7月1日の流れの続きが出ればショート方向へ、107.20付近がサポートされればロング方向へ。

 

三角持ち合いのレンジになってきているので、短期的な大きな動きにも惑わされずについていく。

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5