ドル円トレード分析

【ドル円】ピボット:2020年6月12日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

11日(木)の値動きは、今週の流れを引き継ぎ、東京時間・欧州時間と円高方向へ106.800割れまで。

 

欧州時間に一旦107.10付近まで円安になるが、NY時間スタートと共に106.60付近まで円高方向へ。

 

日足は大陰線で、大陽線の週足をすっぽり包む格好になった。

 

各主要通貨2020年6月12日のピボット(PIVOT)

【ドル円】2020年6月12日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 107.86
レジスタンスR2 107.54
レジスタンスR1 107.21
PIVOT 106.89
サポートS1 106.56
サポートS2 106.24
サポートS3 105.91

ドル円15分足のチャート

【ユーロ円】2020年6月12日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 122.86
レジスタンスR2 122.40
レジスタンスR1 121.57
PIVOT 121.11
サポートS1 120.28
サポートS2 119.82
サポートS3 118.99

【ポンド円】2020年6月12日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 138.14
レジスタンスR2 137.37
レジスタンスR1 136.01
PIVOT 135.24
サポートS1 133.89
サポートS2 133.12
サポートS3 131.77

【豪ドル円】2020年6月12日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 76.41
レジスタンスR2 75.72
レジスタンスR1 74.48
PIVOT 73.79
サポートS1 72.55
サポートS2 71.86
サポートS3 70.62

【ユーロドル】2020年6月12日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 1.1486
レジスタンスR2 1.1445
レジスタンスR1 1.1371
PIVOT 1.1330
サポートS1 1.1256
サポートS2 1.1215
サポートS3 1.1141

テクニカル分析

先週週足安値をしっかり抜け、106円台を推移。

 

106.50付近のサポートを抜け、年初の2番底をつけに行くか?

 

反発したとして、今週の売の起点からの戻し、108.00付近までは見ておきたい。

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 前日のNYダウは1,861.82ドル下落、25,128.17ドル・S&P500は188.04下落、3,002.10。
  • S&P500種の下落がサーキットブレーカー水準に迫る
  • 米新規失業保険申請154万件。

 

シカゴIMMポジション推移

円/米ドル

対象日 06/02(火)
日本円売り -29,379
日本円買い +61,958
日本円差引 +32,579
前回比増減 -2,028

 

引用:JFX株式会社

主な経済指標

<国内>
10:00 営業毎旬報告(6月10日現在、日本銀行)
10:10 国債買い入れオペ(残存1-3年、残存3-5年)(日本銀行)
13:30 鉱工業生産(4月)  -9.1%
13:30 設備稼働率(4月)  -3.6%

CP買い入れオペ(日本銀行)

<海外>
15:00 英・鉱工業生産指数(4月) -15.0% -4.2%
15:00 英・商品貿易収支(4月)  -125.08億ポンド
18:00 欧・ユーロ圏鉱工業生産指数(4月) -20.0% -11.3%
21:00 印・CPI(5月) 5.60% 5.84%
21:00 印・鉱工業生産(4月) -43.5% -16.7%
21:30 米・輸入物価指数(5月) 0.7% -2.6%
23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数速報(6月) 75.0 72.3

DMMFXの経済指標

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで経済指標アラートをLINEで受け取るのは、「LINE FX」が便利!

 

詳しくは「【LINE FX】の評判は悪い?|デメリット・メリットを徹底紹介!」の記事でまとめています。

 

本日の戦略

前日の値幅は66pips程のボラティリティ、本日のアベレージは72pipsと想定。

 

先月安値をからの買いに注意し、流れにそって取引していく。

 

大きいサポートやレジスタンス付近では、上下に大きく振らされることがあるので注意

-ドル円トレード分析