ドル円トレード分析

【ドル円】ピボット:2020年6月15日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

12日(金)の値動きは、NY安値を下抜け出来ずに東京時間・欧州時間と円安方向へ107.50付近まで。

 

前日高値を抜けたが、水曜日の高値は抜けきれずに、

 

NY時間では横ばいのまま、日足陽線でひける。

 

各主要通貨2020年6月15日のピボット(PIVOT)

【ドル円】2020年6月15日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3108.705
レジスタンスR2108.137
レジスタンスR1107.745
PIVOT107.166
サポートS1106.770
サポートS2106.186
サポートS3105.815

ドル円15分足のチャート

【ユーロ円】2020年6月15日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3123.286
レジスタンスR2122.535
レジスタンスR1121.727
PIVOT120.998
サポートS1120.153
サポートS2119.424
サポートS3118.586

【ポンド円】2020年6月15日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3138.171
レジスタンスR2137.086
レジスタンスR1135.921
PIVOT134.876
サポートS1133.691
サポートS2133.616
サポートS3131.411

【豪ドル円】2020年6月15日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR376.300
レジスタンスR275.311
レジスタンスR174.537
PIVOT73.530
サポートS172.775
サポートS271.752
サポートS370.986

【ユーロドル】2020年6月15日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR31.14595
レジスタンスR21.14007
レジスタンスR11.13296
PIVOT1.12702
サポートS11.12022
サポートS21.11434
サポートS31.10735

テクニカル分析

前日高値を抜け、比較的大きめの陽線がでた。

 

106.50付近のサポートは抜けきれず107.50まで反発してきたところ。

 

先週の半値戻し108.20付近からの売と、106.50からの買いの攻防

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 前日のNYダウは477.34ドル下落、25,605.54ドル・S&P500は39.21下落、3,041.31。
  • 米6月ミシガン大学消費者信頼感指数上昇
  • ゴトー日要因
  • 日銀政策委員会・金融政策決定会合(1日目)

 

シカゴIMMポジション推移

円/米ドル

対象日06/02(火)
日本円売り-29,379
日本円買い+61,958
日本円差引+32,579
前回比増減-2,028

 

引用:JFX株式会社

主な経済指標

<国内>
13:30 第3次産業活動指数(4月) -7.9% -4.2%
日銀政策委員会・金融政策決定会合(1日目)

<海外>
10:30 中・新築住宅価格(5月)  0.42%
11:00 中・鉱工業生産(5月) 5.0% 3.9%
11:00 中・小売売上高(5月) -2.0% -7.5%
11:00 中・不動産投資(5月) -0.8% -3.3%
11:00 中・固定資産投資(都市部)(5月) -6.0% -10.3%
11:00 中・調査失業率(5月) 5.9% 6.0%
15:30 印・卸売物価(5月) -1.2%
18:00 欧・ユーロ圏貿易収支(4月)  282億ユーロ
21:30 米・ニューヨーク連銀製造業景気指数(6月) -32.5 -48.5
29:00 米・対米証券投資収支(ネット長期TICフロー)(4月)  -1126億ドル

印・貿易収支(5月) -70.48億ドル -67.60億ドル
米・ダラス連銀総裁がオンライン討論会に参加

DMMFXの経済指標

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで経済指標アラートをLINEで受け取るのは、「LINE FX」が便利!

 

詳しくは「【LINE FX】の評判は悪い?|デメリット・メリットを徹底紹介!」の記事でまとめています。

 

本日の売買シナリオ

前日の値幅は97pips程の大きなボラティリティ、本日のアベレージは77pipsと想定。

 

先月安値をからの買いに注意、日銀会合関連のサプライズにも注意していく。

 

一旦の反発上昇に注意しながら、流れに沿った売買を心がける。

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5