ドル円トレード分析

【ドル円】ピボット:2020年6月2日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

1日(月)の値動きは、東京時間から欧州時間まで円高方向へ107.38まで。前日安値更新できず。

 

NY時間から切り返し、前日高値107.763まで円安方向となりV字したが前日高値抜けず、引けにかけて円高方向。

 

日足陰線で前日の高安の中での動きとなった。

 

各主要通貨2020年6月2日のピボット(PIVOT)

【ドル円】2020年6月2日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3108.31
レジスタンスR2108.08
レジスタンスR1107.84
PIVOT107.61
サポートS1107.37
サポートS2107.14
サポートS3106.90

ドル円15分足のチャート

【ユーロ円】2020年6月2日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3120.59
レジスタンスR2120.28
レジスタンスR1120.04
PIVOT119.73
サポートS1119.49
サポートS2119.18
サポートS3118.94

【ポンド円】2020年6月2日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3136.87
レジスタンスR2135.70
レジスタンスR1135.03
PIVOT133.86
サポートS1133.19
サポートS2132.02
サポートS3131.34

【豪ドル円】2020年6月2日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR375.32
レジスタンスR274.26
レジスタンスR173.69
PIVOT72.63
サポートS172.07
サポートS271.01
サポートS370.45

【ユーロドル】2020年6月2日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR31.1221
レジスタンスR21.1187
レジスタンスR11.1161
PIVOT1.1127
サポートS11.1101
サポートS21.1067
サポートS31.1041

テクニカル分析

先週一週間、19日の高値安値の中でレンジ相場が続いている。

 

引き続きレンジの中での値動きを想定し、突っ込み買い突っ込み売りは避けていく。

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 前日のNYダウは91.91ドル上昇、25,475.02ドル・S&P500は11.42上昇、3,055.73。
  • ISM製造業総合景況指数43.1、4カ月ぶりに上昇
  • 米国抗議デモ継続

シカゴIMMポジション推移

円/米ドル

対象日05/26(火)
日本円売り-23,266
日本円買い+57,873
日本円差引+34,607
前回比増減+7,137

 

引用:JFX株式会社

主な経済指標

<国内>
08:50 マネタリーベース(5月)  2.3%
10:00 営業毎旬報告(5月31日現在、日本銀行)

<海外>
10:30 豪・経常収支(1-3月) 61億豪ドル 10億豪ドル
13:30 豪・オーストラリア準備銀行(豪中央銀行)が政策金利発表 0.25% 0.25%

米・自動車販売(5月、3日までに) 1080万台 858万台
韓・GDP(1-3月)

DMMFXの経済指標

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで経済指標アラートをLINEで受け取るのは、「LINE FX」が便利!

 

詳しくは「【LINE FX】の評判は悪い?|デメリット・メリットを徹底紹介!」の記事でまとめています。

 

本日の戦略

先週末の値幅は47pips程のボラティリティ、本日のアベレージは53pipsと想定。

 

19日日足の中でのレンジとなっているので、ショート・ロング共に引き付けていく。

 

本日も、エントリー根拠が甘くならないように気をつけたい。

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5