ドル円トレード分析

【ドル円】ピボット:2020年6月26日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

前日25日(木)は、東京時間から前日高値を上抜け円安方向へ107.259まで。

 

欧州時間序盤は一旦押し目をつける動きをし、徐々に高値を切り上げ、NY時間前には107.45まで。

 

週足高値までは届かず、NYオープンと共に反落し欧州の上げを打ち消したが、日足は上髭陽線となる。

 

各主要通貨2020年6月26日のピボット(PIVOT)

【ドル円】2020年6月26日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3107.89
レジスタンスR2107.67
レジスタンスR1107.43
PIVOT107.21
サポートS1106.97
サポートS2106.75
サポートS3106.51

ドル円15分足のチャート

【ユーロ円】2020年6月26日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3121.03
レジスタンスR2120.83
レジスタンスR1120.54
PIVOT120.34
サポートS1120.05
サポートS2119.85
サポートS3119.56

【ポンド円】2020年6月26日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3134.36
レジスタンスR2133.99
レジスタンスR1133.54
PIVOT133.17
サポートS1132.72
サポートS2132.35
サポートS3131.90

【豪ドル円】2020年6月26日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR374.57
レジスタンスR274.22
レジスタンスR174.02
PIVOT73.67
サポートS173.46
サポートS273.11
サポートS372.90

【ユーロドル】2020年6月26日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR31.1324
レジスタンスR21.1292
レジスタンスR11.1255
PIVOT1.1223
サポートS11.1186
サポートS21.1154
サポートS31.1117

テクニカル分析

6月安値を下抜け、5月安値まで迫っていたところからの切り替えし中。

 

6月からの戻し38.2%付近からの売が出るか、半値戻しまでいくかという所。

 

106.000からの上昇をしているが、前週高値からの売りも想定しておく。

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 25日のNYダウは+299.66ドル:25,745.60ドル・S&P500は+33.43:33.43。
  • 米新規失業保険申請件数が市場予想を上回る。市場予想132万件⇒速報値151万件
  • ボルカー・ルールの緩和。ウォール街の金融機関の手元資金が推定400億ドル増える可能性。

 

シカゴIMMポジション推移

円/米ドル

 

対象日06/16(火)
日本円売り-21,016
日本円買い+43,126
日本円差引+22,110
前回比増減+4,648

 

引用:JFX株式会社

主な経済指標

本日のスケジュール

<国内>
08:30 東京CPI(6月) 0.3% 0.4%
10:10 国債買い入れオペ(残存1ー3年、残存3ー5年)(日本銀行)

コマースOneホールディングスが東証マザーズに新規上場(公開価格:1600円)

<海外>
17:00 欧・ユーロ圏マネーサプライ(5月)  8.3%
21:30 ブ・融資残高(5月) 3兆5870億レアル
21:30 ブ・ローン残高(5月) 0%
21:30 ブ・個人ローン・デフォルト率(5月) 5.4%
21:30 米・個人所得(5月) -5.8% 10.5%
21:30 米・個人消費支出(5月) 8.7% -13.6%
21:30 米・個人消費支出(PCE)価格コア指数(5月) 0.9% 1.0%

23:00 米・ミシガン大学消費者マインド指数確定値(6月) 78.9 78.9

DMMFXの経済指標

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで経済指標アラートをLINEで受け取るのは、「LINE FX」が便利!

 

詳しくは「【LINE FX】の評判は悪い?|デメリット・メリットを徹底紹介!」の記事でまとめています。

 

本日の売買シナリオ

前日の値幅は63pips程のボラティリティ、本日のアベレージは70pipsと想定。

 

ドル円は106.00からの続伸で、目線は短期的には上向きになりつつあるが、先週高値付近には注意。

 

先週高値試しにいくか?107.639辺りを注目してみていく。

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5