ドル円トレード分析

【ドル円】ピボット:2020年6月8日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

5日(金)の値動きは、東京時間は横ばいが続き、欧州前半までは円安方向へ109.427(4月高値)まで。

 

NY時間雇用統計で、日中の高値を上抜け109.85付近まで上昇し、日足陽線となる。

 

各主要通貨2020年6月8日のピボット(PIVOT)

【ドル円】2020年6月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 110.768
レジスタンスR2 110.314
レジスタンスR1 109.953
PIVOT 109.483
サポートS1 109.114
サポートS2 108.660
サポートS3 108.299

ドル円15分足のチャート

【ユーロ円】2020年6月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 125.347
レジスタンスR2 124.867
レジスタンスR1 124.291
PIVOT 123.832
サポートS1 123.238
サポートS2 122.779
サポートS3 122.190

【ポンド円】2020年6月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 142.431
レジスタンスR2 141.103
レジスタンスR1 139.950
PIVOT 138.642
サポートS1 137.470
サポートS2 136.122
サポートS3 134.989

【豪ドル円】2020年6月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 78.009
レジスタンスR2 77.393
レジスタンスR1 76.848
PIVOT 76.223
サポートS1 75.687
サポートS2 75.062
サポートS3 74.550

【ユーロドル】2020年6月8日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3 1.14598
レジスタンスR2 1.14210
レジスタンスR1 1.13556
PIVOT 1.13177
サポートS1 1.12498
サポートS2 1.12106
サポートS3 1.11441

テクニカル分析

4月高値を上にブレイクし、3月高値に迫る勢い。

 

このまま3月高値(111.730)を目指す動きも想定しつつ、押しの深さにも注意しておく

 

前日高値、前日安値接近時は慎重に。

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 前日のNYダウは829.18ドル上昇、27,110.98ドル・S&P500は81.58下落、3,193.93。
  • OPECプラス協調減産を7月末まで延長
  • 米雇用統計250万人増、失業率13.3%予想を大幅に上回る

シカゴIMMポジション推移

円/米ドル

対象日 05/26(火)
日本円売り -23,266
日本円買い +57,873
日本円差引 +34,607
前回比増減 +7,137

 

引用:JFX株式会社

主な経済指標

<国内>
08:50 GDP改定値(1-3月) -2.1% -3.4%
08:50 GDP民間企業設備(1-3月) 1.5% -0.5%
08:50 GDP民間消費支出(1-3月) -0.7% -0.7%
08:50 GDPデフレーター(1-3月) 0.9% 0.9%
08:50 国際収支(経常収支)(4月) 4899億円 1兆9710億円
08:50 BOP経常収支調整(4月) 3599億円 9423億円
08:50 貿易収支(国際収支ベース)(4月) -9656億円 1031億円
08:50 銀行貸出動向(含信金前年比)(5月)  3.0%
08:50 貸出動向 銀行計(5月)  3.1%
13:30 倒産件数(5月)  15.19%
14:00 景気ウォッチャー調査 現状判断(5月) 11.8 7.9
14:00 景気ウォッチャー調査 先行き判断(5月) 19.5 16.6

<海外>
15:00 独・鉱工業生産指数(4月) -15.5% -9.2%
20:00 ブ・FGV消費者物価指数(IPC-S)(6月7日まで1カ月間)  0.54%
20:25 ブ・週次景気動向調査
27:00 ブ・貿易収支(週次)(6月7日まで1カ月間)

米・ニューヨーク市が経済活動再開
世界銀行グループ(世銀)が世界経済見通し発表
欧・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁が欧州議会公聴会に出席

DMMFXの経済指標

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで経済指標アラートをLINEで受け取るのは、「LINE FX」が便利!

 

詳しくは「【LINE FX】の評判は悪い?|デメリット・メリットを徹底紹介!」の記事でまとめています。

 

本日の戦略

前日の値幅は80pips程の高ボラティリティ、本日のアベレージは61pipsと想定。

 

4月高値を抜けたことにより、目線は基本的には上目線にしつつ、先入観は持たずに取引する。

 

ロング・ショート共に引き付けて、短い時間で決着をつけていく。

【ドル円】2020年6月8日の取引結果

取引時間 東京タイム
通貨 USD/JPY
エントリー理由 雇用統計半値押しスキャル
決済理由 チャネルライン下限
取引備考 雇用統計後の月曜日要注意

-ドル円トレード分析