ドル円トレード分析

【ドル円】PIVOT:2020年5月1日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

2020年5月1日

https://sumahotousi.com

前日の値動きは、東京、欧州時間安値更新できず、NY時間に入り107.20まで急反発。

 

その後、更に106.90付近への押し目をつけて、107.500手前まで上昇。

 

本日は、買戻しが進むのかそれとも戻り売りにおされるのかというところ。

 

テクニカル分析

106.876を下抜けして、戻り売りにおされるか?106.876付近からの押し目買いでもう一段上を目指すか?

 

【ドル円】2020年5月1日のPIVOT

レジスタンスR3108.74
レジスタンスR2108.12
レジスタンスR1107.65
PIVOT107.03
サポートS1106.56
サポートS2105.94
サポートS3105.47

ドル円5分足のチャート

ファンダメンタルズ分析

本日のポイント

  • 先週NYダウが288.14ドル下落、24,345.72ドル・S&P500は27.08下落、2,912.43。
  • ECBは量的緩和(QE)の拡大する用意があると発表。ジャンク債への買取に関しては言及せず。
  • FRBは中小企業向けの「メインストリート融資制度」の拡充を発表

IMMポジション推移

主な経済指標

<国内>
08:30 東京CPI(4月) 0.1% 0.4%
08:50 対外・対内証券投資(先週)
09:30 製造業PMI(4月)  43.7
14:00 自動車販売台数(4月)  -10.2%

<海外>
23:00 米・ISM製造業景況指数(4月) 37.5 49.1
23:00 米・建設支出(3月) -3.6% -1.3%

米・判断は各州知事に委ねられる(連邦政府による社会的距離指針が期限切れとなる。実際)(経済活動再開時期)
OPECプラスが減産開始予定
米・自動車販売(4月、2日までに) 650万台 1137万台
中・株式市場は祝日のため休場(メーデー、5日まで)
伊・印・スイス・独・仏・欧・ブ・露・南ア・香港・韓・株式市場は祝日のため休場

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで最新情報をチェックがしやすいFX会社については、「【FX初心者】DMMFX証券の評判は悪い?|メリット・デメリットを徹底解説!」や「国内オススメFX証券会社 GMOクリック証券」の記事でまとめています。

 

本日の戦略

前日は107.00をしっかり↑抜け、値幅は100pips程のボラティリティ、本日のアベレージは72pipsと想定。

 

前日の高値安値をどちらかに迫る動きをするかどうか、動きだ出た方の流れに乗る。

 

昨晩の動きを見るとボラが拡大している様子も見受けられるので、枚数を調整してリスクを取りすぎないように資金管理を徹底する。

【ドル円】2020年5月1日の取引結果

取引時間東京タイム
通貨USD/JPY
エントリー理由NY高値試しのスキャル
決済理由戻り売り試しゾーン
取引備考ボラが拡大している、5分足1本で5pips程度動く

取引時間東京タイム
通貨USD/JPY
エントリー理由NY高値試し失敗のスキャル
決済理由押し目買い候補
取引備考ボラが拡大している、5分足1本で5pips程度動く

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5