ドル円トレード分析

【ドル円】PIVOT:2020年5月11日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

先週末の5月8日金曜日の値動きは、雇用統計で前日高値を更新。

 

クローズにかけては高値を継続し週足コマ足で終了。

 

106.000を木曜日に若干下抜けしたが、売りが続かず反転上昇している。

 

【ドル円】2020年5月11日のPIVOT

レジスタンスR3107.422
レジスタンスR2107.088
レジスタンスR1106.885
PIVOT106.543
サポートS1106.343
サポートS2106.006
サポートS3105.801

ドル円15分足のチャート

テクニカル分析

日足レベルの上昇が続き、107.040先週高値を更新を目指し、5月高値を狙う展開になるか?

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 先週のNYダウは455.43ドル上昇、24,331.32ドル・S&P500は48.61上昇、2,929.80。
  • 雇用統計2050万人減少、失業率14.7%
  • 米中貿易合意の先行き

IMMポジション推移

主な経済指標

<国内>
10:10 国債買い入れオペ(残存1-3年、残存3-5年、残存25年超)(日本銀行)

日銀金融政策決定会合における主な意見(4月27日分)

<海外>
16:00 トルコ・失業率(2月)  13.8%
20:25 ブ・週次景気動向調査
27:00 ブ・貿易収支(週次)(5月10日まで1カ月間)  17.68億ドル

中・資金調達総額(4月、15日までに) 2兆9000億ドル 5兆1492億ドル
中・マネーサプライ(4月、15日までに)
中・元建て新規貸出残高(4月、15日までに) 1兆3700億ドル 2兆8500億ドル

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで最新情報をチェックがしやすいFX会社については、「【FX初心者】DMMFX証券の評判は悪い?|メリット・デメリットを徹底解説!」や「国内オススメFX証券会社 GMOクリック証券」の記事でまとめています。

 

本日の戦略

前日の値幅は52pips程のボラティリティ、本日のアベレージは62pipsと想定。

 

106.00が二番底になったのか慎重に見極めつつ、短期の売買で相場の変化についていきたい。

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5