ドル円トレード分析

【ドル円】ピボット:2020年5月14日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

2020年5月14日

https://sumahotousi.com

前日の5月13日水曜日の値動きは、雇用統計からの買いの調整が106.700付近まで下押し。

 

NY時間には、106.70から切り返し107.120付近まで上昇。陰線上下髭コマ足となった。

 

106後半から107後半の間でもみ合いの展開を想定し、短期的な値動きを狙っていきたい。

 

【ドル円】2020年5月14日のPIVOT(ピボット)

レジスタンスR3107.83
レジスタンスR2107.56
レジスタンスR1107.29
PIVOT107.02
サポートS1106.75
サポートS2106.48
サポートS3106.21

ドル円15分足のチャート

テクニカル分析

日足レベルの下落が一旦落ち着いて、月曜日の日足のハラミの中でもみあい。

 

月曜日の大陽線の中で、一方的な値動きにもなりにくい状況。

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 前日のNYダウは516.81ドル下落、23,247.97ドル・S&P500は50.12下落、2,820.00。
  • FRB議長から米経済が前例のない下振れリスクに直面と指摘。
  • 4月の米生産者指数(PPI)が2015年以来の大幅な低下率となった。

IMMポジション推移

主な経済指標

<国内>
08:50 対外・対内証券投資(先週)
08:50 マネーストック(4月)
15:00 工作機械受注(4月)  -40.7%

<海外>
10:30 豪・失業率(4月) 7.8% 5.2%
15:00 独・CPI(4月) 0.3% 0.3%
21:30 米・新規失業保険申請件数(先週)  316.9万件
21:30 米・輸入物価指数(4月) -3.1% -2.3%

印・貿易収支(4月) -74.0億ドル -97.6億ドル
欧・ECB経済報告
英・ベイリーイングランド銀行(英中央銀行)総裁がオンラインセミナーで講演
国際エネルギー機関(IEA)月報

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

 

スマホアプリで最新情報をチェックがしやすいFX会社については、「【FX初心者】DMMFX証券の評判は悪い?|メリット・デメリットを徹底解説!」や「【GMOクリック証券】の評判は?初心者におすすめの理由を徹底解説!」の記事でまとめています。

 

本日の戦略

前日の値幅は53pips程のボラティリティ、本日のアベレージは66pipsと想定。

 

昨日つけたNY安値が押し目候補になるのかを見極め、レンジ相場を意識して取引する。

 

1か月前と比べてボラも比較的落ち着いきているので、エントリー根拠が甘くならないように気をつけたい。

 

【ドル円】2020年5月14日の取引結果

取引時間欧州~NYタイム
通貨USD/JPY
エントリー理由前日高値試し
決済理由フィボナッチ50%戻し
取引備考コアタイムがNYになってきた

 

 

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5