ドル円トレード分析

【ドル円】PIVOT:2020年5月6日のテクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

https://sumahotousi.com

前日の5月4日月曜日の値動きは、欧州時間で東京高値を更新したが、前日高値までは届かず。

 

NY時間から、売りが優勢となりクローズにかけて前日安値を更新したが、週安値には届かず。

 

値幅が詰まってきているのでそろそろ一時的な方向感が出てもよさそう。

 

【ドル円】2020年5月6日のPIVOT

レジスタンスR3107.29
レジスタンスR2107.10
レジスタンスR1106.81
PIVOT106.62
サポートS1106.33
サポートS2106.14
サポートS3105.85

ドル円15分足のチャート

テクニカル分析

106.30を下抜けして、先週安値を更新し2番底をつけにいく展開になるか、前日の高値を目指す動きになってしまうか。

 

ファンダメンタルズ分析

ポイント

  • 前日NYダウは133.33ドル上昇、23,883.09ドル・S&P500は25.70上昇、2,868.44。
  • NY原油5日続伸で1か月ぶりの高水準
  • 米ISM非製造業指数が2009年12月来の50割れ

IMMポジション推移

主な経済指標

<国内>

株式市場は振替休日のため休場

<海外>
07:45 NZ・失業率(1-3月) 4.0%
10:30 豪・小売売上高(3月)  0.5%
10:45 中・財新サービス業PMI(4月) 43.0
10:45 中・財新総合PMI(4月) 46.7
14:00 印・サービス業PMI(4月)
15:00 独・製造業受注(3月) -1.4%
17:00 欧・ユーロ圏総合PMI(4月) 13.5
17:00 欧・ユーロ圏サービス業PMI(4月) 11.7
18:00 欧・ユーロ圏小売売上高(3月) 0.9%
21:15 米・ADP全米雇用報告(4月) -2.7万人
22:00 ブ・サービス業PMI(4月) 34.5
22:00 ブ・総合PMI(4月) 37.6

ブ・ブラジル中央銀行が政策金利(SELICレート)発表(7日までに) 3.75%

 

投資ママ
投資ママ
急な為替変動で大きく損失を出さないために、ニュースをチェックしよう ♪

スマホアプリで最新情報をチェックがしやすいFX会社については、「【FX初心者】DMMFX証券の評判は悪い?|メリット・デメリットを徹底解説!」や「国内オススメFX証券会社 GMOクリック証券」の記事でまとめています。

 

本日の戦略

前日の値幅は47pips程のボラティリティ、本日のアベレージは65pipsと想定。

 

ショートもロングも短期でまわし、レート飛びに注意しながら方向性を見極めていきたい。

-ドル円トレード分析

© 2020 スマホ投資部 Powered by AFFINGER5